沿革

昭和43年 2月 東京都板橋区小豆沢で資本金500万円にて設立
昭和45年 4月 資本金を1,000万円に増資
昭和55年 9月 倉庫を埼玉県川口市江戸に移転
昭和56年 9月 営業部門を上記倉庫内に移転
平成元年 6月 販売・財務等管理業務をコンピュータ化する
平成4年 4月 埼玉県川口市安行吉岡(現在地)に新社屋完成、全業務を移転
平成8年 8月 アイアンワーカー(プレス加工機)導入
平成11年 1月 ビームワーカー(NCプレス加工機)導入
平成11年 8月 コンピュータシステムの全入換えにより情報処理の高度化を進める
平成13年 4月 佐藤 義晴 代表取締役社長に就任
平成14年 5月 コンピュータ・サーバを入換え、処理能力を大幅に向上させると共に、端末を一人1台とする
平成15年 1月 トルンプ社(ドイツ)製レーザ加工機を導入し加工能力の高度化を進める
平成16年 4月 社長を含めた社員全員の給与・賞与等の公開を開始
平成16年 10月 埼玉県知事より優秀事業所として「彩の国工場」に指定を受ける
平成18年 3月 「ISO9001:2000」認証取得
平成20年 6月 レーザ加工業容拡大により、三菱電機製レーザ加工機および東洋工機製プレスブレーキを導入する
同時に隣接地に新倉庫を開設する
平成20年 6月 創立40周年記念パーティー開催
平成22年 4月 役割成果主義による新人事考課制度導入
平成23年 9月 ビームワーカー(NCプレス加工機)リプレース
平成24年 2月 埼玉県知事より「経営革新計画」の承認を受ける
平成25年 5月 常務取締役 十二役 康昭 代表取締役社長に就任
代表取締役社長 佐藤 義晴 代表取締役会長に就任
平成24年 9月 埼玉県川口市より「川口の元気な企業」の認定を受ける
平成25年 11月 埼玉県川口市より「川口市技能振興推進モデル事業所」の認定を受ける
平成28年 4月 株式会社サトースチールの株式を取得し、関連会社とする
平成28年 4月 佐藤義晴 株式会社サトースチールの代表取締役社長に就任する
平成30年 12月 創立50周年記念社内パーティー開催
平成31年 8月 関東経済産業局長より「経営力向上計画」にかかる認定を受ける
令和2年 2月 合併 新会社名 株式会社FALCON
新社屋(埼玉県川口市江戸1丁目16番15号)にて業務開始
令和2年 2月 川口市長より「先端設備導入計画」にかかる認定を受ける
令和2年 2月 アマダ ファイバーレーザ切断加工機 ENSIS3015AJ 導入
アマダ パレットチェンジャー AS3015G 導入
三菱電機 レーザ加工機 ML3015Ex 導入
マザック 3Dレーザ加工機 FABRI GEAR 150 導入
令和3年 7月 埼玉県SDGsパートナー登録

会社名「FALCON」の由来

2020年に「FALCON」は誕生しました。FALCONは日本語で隼の意味となります。
隼は、コンパクトですが鳥類界最高峰の飛行速度を持つ鳥です。
高い空から最速のスピードで自分よりも大きい獲物を捕らえることもあります。
「コンパクトな中小企業ながら、高い情報収集能力を持ち、最速の技術処理で、最高の顧客満足度を実現したい。」
そのような思いで命名されました。